INTERVIEWS私にとってIRとはベスト・ソリューションを探し続けること

コンサルティング部
シニアコンサルタント

原田  佑一Yuichi Harada
公益社団法人 日本証券アナリスト検定会員

IRコンサルタントの仕事とは

IRコンサルタントとしての私の仕事は、顧客のIR戦略・施策の立案、実行をサポートすることです。

顧客が当社にご相談される場合、ご依頼の目的がはっきりされている場合と、そうでない場合があります。

後者の場合は、まず情報の整理から始めます。顧客の属するセクターの業界環境や株式情報等、基礎的な情報をリサーチして、整理します。時には顧客へのヒアリングを行い、検討を重ねて、具体的な施策に落し込んでいく流れとなります。プロジェクトの規模によっては複数のメンバー、時には野村グループ各社と共同で進めていきます。

多くの場合、IRは一度実行すれば終わりではなく、継続した取組みが重要になるので、PDCAをしっかりと回しながら、目的と結果のギャップを分析して、少しずつ軌道修正していくことが必要だと思います。

株式市場や顧客を取巻く事業環境は日々刻々と変化しているため、つねに情報感度を高く持って、ベストなソリューションを顧客ごとに生みださなくてはなりません。

当社には元投資家やアナリスト等、様々なバックグラウンドの人材がいるので、それらのメンバーとディスカッションをしながら、ソリューションを考えていきます。

提供すべきソリューション

顧客は、時には投資家や株主から厳しい評価を突きつけられることもあるため、IRコンサルタントとしての責任は重大です。

しかし、外部環境の変化を見逃さず、成長可能性を訴求するためのメッセージを発信し続けたことで、株式市場からの評価や注目度が高まった顧客も多くいます。株式市場からの評価が高まってくると顧客企業の雰囲気も良くなっていくことを肌で感じることが多いですし、「野村IRさんのおかげです」と言われる時が一番やりがいを感じますね。

その一方で、顧客からの求めに応じて、ただサービスを提供するだけでは、ベストな結果が得られるとは限りません。

IRにおけるリレーションは、時に慎重な対応が求められるため、結果をはやる顧客にブレーキをかける役割も担っています。そして、顧客の要望の裏側にある本当のニーズは何かを理解することこそ、IRコンサルティングとして最も難しく、必要とされる資質ではないでしょうか。

過去、顧客からIRツールの作成について、お話を頂いたことがありました。その際、開示情報の分析を進めていた時に気付いたのですが、先方は情報の開示にあたって、広報やCSR、人事、そしてIRなど様々な部署が、それぞれの目的ごとに、一部重複した情報を開示していることが分りました。それぞれの部署の開示目的や内容について、ヒアリングをさせて頂き、会社として一貫したメッセージになっていないという課題も伺うことができました。

そこからは、IRツールの開示ということだけではなく、会社として一貫性のあるメッセージを訴求するためにどのような方法でどう伝えていくのか、一緒に考えていきましょうと言う全社的なプロジェクトになり、深い関係性を築くことができるようになったこともあります。

IRコンサルタントの仕事は、これまでは企業と投資家の橋渡し役が主でしたが、最近は企業とステークホルダーを繋ぐ役割として、その範囲が拡大しています。フォローする範囲は広がっていますが、これからもつねにベストなソリューションと胸を張って言える仕事をしていきたいと思っています。

IRコンサルタントの一日

8:30~

メールチェック、株価チェック、クライアントとの連絡等

9:30~

ソリューション各部門との打合せ

10:30~

外交、お客さまとの打合せ

12:00~

外交先近くで慌ただしくランチ

13:00~

外交、お客さまとの打合せ

16:30~

調査結果等の分析、顧客向け提案や報告書の作成

20:00~

たまには同僚と一杯やりがてら情報交換

23:00~

自宅で読みたかった本を読みながらくつろぐ~就寝