プライバシーポリシー
(個人情報保護に関する基本方針)

 野村インベスター・リレーションズ株式会社(以下、野村IRといいます。)は、IR支援サービス専門企業として、個人情報データベース、特に投資家の皆さまに関する情報は野村IRが事業を継続していく上で最も大切な資産のひとつと考えています。  したがいまして、野村IRでは、取得した個人情報については細心の注意を持って管理し、心から信頼される企業となることを目指して、「プライバシーポリシー」を定めています。  野村IRでは、個人情報保護の取組みを積極的に行い、安心してアンケート調査等にご協力いただけるよう、役員及び社員等のすべてがこの「プライバシーポリシー」を理解し、個人情報の一層の保護に向けて不断の努力を続けてまいります。

1.個人情報の取得、利用及び提供

 野村IRは、個人情報保護を適切に行うため、利用目的を特定し、その達成に必要な範囲内で個人情報の取得、利用及び第三者への提供を行います。また、そのための措置を講じます。
 ご本人から直接書面で個人情報をお預かりさせていただく場合には、事前にその利用目的等を明示の上、ご本人の同意を得ることとします。特定した利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用する場合には、あらかじめ、同様の処置を取ります。
 また、野村IRは上記の方法以外に、以下の方法により、個人情報をお預かりさせていただく場合があります。

  • 職業紹介会社、データベースサービス事業者等の第三者からの取得
  • 官報、新聞、雑誌、インターネット等に掲載された情報からの取得
  • 野村IRが受託した業務に伴う、委託元よりの受託による取得

2.個人情報の安全管理

 野村IRは、取り扱う個人情報のリスクに応じて、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又はき損を防止するための必要かつ適切な安全対策を実施します。また、この安全対策について定期的な見直しや監査を行い、必要に応じて是正処置を講じます。

3.業務委託先の選定及び管理

 野村IRは、個人情報を取扱う業務の委託先選定基準を策定し、当該基準を満たす委託先を選定します。また委託先との契約に際しては、個人情報保護に十分に配慮したものとし、必要に応じて個人情報の管理状況を調査し、適切な措置を講じます。

4.「個人情報保護管理者」の配置と環境の整備

 野村IRは、個人情報を取り扱う各部門に「個人情報保護管理者」を置き、その役割を明確にして、個人情報保護に関する活動が適切に行えるように環境を整備します。改善すべき箇所が発見された場合は速やかに適切な措置を講じます。

5.法令等の遵守、社内規程の整備と周知徹底

 野村IRは、個人情報の取り扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守し、社内規程を含む個人情報保護マネジメントシステムを策定し、役員及び社員等のすべてに教育・周知徹底を図ります。

6.開示等のご請求並びに苦情対応の取扱い

 野村IRは、ご本人より、お預かりしている個人情報の開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を求められた場合、並びに個人情報の取扱いや個人情報保護マネジメントシステムに関して苦情等を受けた場合には、速やかに対応いたします。

7.個人情報事故の発生への対応

 野村IRは、個人情報に関する事故が発生した場合は、関係するご本人、取引先、その他関係者に直ちに報告し、必要な措置を講じます。

8.個人情報保護マネジメントシステムの継続的見直し

 野村IRは、個人情報の取扱いに関する社会情勢、社内外の業務環境の変化や情報技術の発展に対応し、個人情報保護マネジメントシステムを定期的あるいは必要に応じて見直すこととします。
 なお、個人情報保護方針へのお問い合わせ先は、「開示等のご請求手続き・お問い合わせ」をご覧下さい。

制   定 2004年7月1日
最終改定 2016年4月1日
取締役社長
野村 学

当社は2005年4月、日本情報経済社会推進協会より
「プライバシ―マーク」の使用許諾を受けております。

プライバシ―マーク制度は、日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、事業活動に関してプライバシ―マークの使用を認める制度です。