企業がエクイティファインナスを行う場合には、市場や株主に対して合理的で説得力のある説明を行う必要があります。特にIPO企業の場合には、上場を行う財務体制上の理由だけでなく、事業内容、特徴、強み、競争力、成長性などを投資家に広くアナウンスしなくてはなりません。

野村IRでは、投資家をよく知る立場から、企業の本質的価値を正しく伝えるためのエクイティ・ストーリーの策定支援を行っています。さらに、上場前から勉強会等を企画し、エクイティ・ストーリーの共有を通した社内体制の強化や、上場企業としてマスターしておくべき証券知識、遵守すべき法律や情報開示規則の習得など、IRにおける社内啓蒙活動を支援します。